言葉を書くのが好きだから、始めてみました

おはよう

 

f:id:mamikan_19:20200202064838j:image

 

 

 

カフェテリアでさ、食べ終わったお皿を水に突っ込む洗い場?みたいのがあってさ、そこにおばちゃんがいて、そのおばちゃんにみんな「ごちそうさまでした~」って挨拶しながら、水がいっぱい溜まったその流しに食器を入れるんだよね。

ボチャン、ボチャッ!って。

 

 

 

私はずっと、本当はずっとそれが嫌で、

 

おばちゃんに水が跳ねるのに、ほとんどの人がそんなこと気づかずにすごい勢いで投げるみたいにお皿を入れていって、

 

誰か久しぶりの人とご飯を食べても、最後にそれがあって、ほとんどの人がそうで、

「この人もか」って、そう思うだけだけど、確実に、その人との心の距離は勝手に広がったわけで。

 

 

 

本当は、そんなたいしたことじゃないのかもしれない。

気にし始めちゃったから、ナイーブになりすぎてるのかもしれない。投げ入れてるわけではないんだろうな、みんな。

 

 

 

ただたぶん、それが私の大事な価値観だった。

観察力、想像力、共感力

その三つは、ずっと頭の中で渦巻いてる。

良い時は、自分を正しい方に導いてくれるけど、

悪い時は、他人を判断したり裁いたりする。

 

 

 

モノとか、人とかを、大事にするっていうのがどういうことか、

どういうことを、大事にするってことなのか、

 

そこに関する考え方とか、感じ方とか、いわゆる価値観とかが、ずれてたのかもしれないなぁ

 

 

 

初めて、そうじゃない、

飛び跳ねる水に気づいてる人をやっと見つけたって思ったのに。

 

 

 

 

 

 

f:id:mamikan_19:20200202065416j:image

 

 

とは言え、たぶん私も、おんなじように誰かにとっての「気がつかない人」「じゃない側の人」であって、

 

だからやっぱり、一般論での良い悪いなんて付けられないことなわけで

 

私の頭の中で、私が21年生きてきて感じたこと全ての延長に、その感じ方もあるだけで、

私にとっての「じゃない側の人」を「悪い」って言えないよね

 

 

それを薄々気づいてるのにこんなに距離をとってしまうのは、ちゃんと一般的に、悪いね。

 

 

 

 

 

f:id:mamikan_19:20200202070041j:image

 

大阪で食べた人形焼き、美味しかったなぁ

また春休みにガタンゴトン行こうかな〜ひとりで