言葉を書くのが好きだから、始めてみました

二世タレント

血の繋がりって、どんな強いパワーがあるのかな?ほんとうに、兄弟姉妹で似てるだとか、親に似るだとか、そういうことってあるのかな?

 

私はたぶん、顔は両親二人ともに似てて、二人とも背が高いから、私も高い方で、、

パッと思いつくのはそういう外見が多いかなぁ。

 

 

f:id:mamikan_19:20200509201715j:image

 

 

少しだけわかる、今あんなにイライラして、不服そうな顔をして、相手がいなくなった瞬間聞こえるか聞こえないかわからない音量でボソボソっと文句を言う感じ。

 

嫌だけど、たぶん、私もおんなじだ。

 

 

ちょっとしたことでモヤモヤして、でもそのモヤモヤを自分で解決するのが下手で、だからコツコツ溜めちゃうことが多くて、

しかも「溜めちゃう」ではないことも多くて

 

プライドの高さゆえに、絶対に上手く100%の論理で論破したいから、その絶対的な反抗理由が頭の中で整理されるまでは、発言しないようにしてることも多い

 

普通に「テレビばっか見てないで話そうよー♡」って言えばいいのに、「一緒に暮らしてしかもご飯も作ってせっかく久々に一緒に食べれる時間できたんだからテレビ見てばっかとかおかしくない?一緒に住んでる意味なに?!」まで長ーーーーーい時間をかけて考えて、自分の正当性をガッッッチリ固めてからじゃないと、モヤモヤを伝えられない(笑)

そこまで考えても、結局私は「ごにょごにょ、、」くらいしか言えないけど(笑)

時間をかけすぎるから、最初はほんとしょうもない小さいモヤモヤだったのに、最終的にはもう恨みまくって恨みまくってしまったり、「うわ、これもあの人の癖じゃん」とかいろんなことが結びついてしまったり、、

 

 

私がこんな風なのは、血の繋がりのせいなんかじゃないんじゃないかな

 

親子だから、兄妹だから性格が似てる、ではなくて、

長い間一緒に暮らしてきたから似る部分もある、なのかもしれないなって思う

 

 

 

小さい頃、親が自分や妹弟を叱るとき、絶対に言い返す隙なんてなかった

絶対に完全に正しい怒りをぶつけてきた

今思えば「そんなのおかしい」ってわかる内容も多いけど、その時の、子供の理解力に対しては、正しすぎる論理でぶっ潰しにきてた。

 

本当のことなんてわからないけど、もしかしたら、そういう経験が今の私の「完璧な論理で言い返さなきゃ!」って感じてしまう一部をつくってるのかもしれない。

 

「◯◯ちゃんが行ってるスイミングにわたしも行きたい」って言った時、「誰かがやってるから私も、なんてこの世で一番かっこ悪い、やっちゃいけない考え方だろ」ってキレられた

もしかしたら、そういう教えが、「一人でもへっちゃら〜」とか思えてる今の私に繋がってるのかもしれない。

 

良い例も、悪い例もあるよね。

私はどっちが多いのかな

 

 

 

 

「思春期」とか「反抗期」とかいわれるけど、(もちろん、ホルモンバランスとか生物学的な面もあるけど)一緒に生活を共にした時間の変化も要因なんじゃないかって思う。

 

 

高校で、世界のことを学んで、日本は男尊女卑だとか男社会だとかいうことを学んで、いろんなことを感じて、でも家に帰ってきた瞬間、そこには変わらない環境があることに気づいて落胆する

会社で、やっとの思いで周りを説得して何かを変えることに成功したあと、家に帰ってそのことを話したら、とんでもなく楽観的な反応が返ってきて、考えのレベルの差にあきれて、口を聞きたくなくなる

そんな風かもしれないね。なんとなく。

 

 

 

f:id:mamikan_19:20200511005140j:image

 

少し前まで、付き合ってる人と同棲してて、なんだかんだ1年くらい一緒に暮らしてたんだけど、

たぶんその経験がきっかけで、私の「人と暮らすこと」への価値観とか考え方がガラッと変わったし、今もすっっごく大きい心の支えになってるんだ

 

悲観的な意味じゃなくて、絶対に他人だって思う。他人として接さなきゃいけないって思う

 

「ありがとう」を忘れちゃいけないのも、お皿洗いを交代でするのも、ご飯作ってくれたらどんなに美味しかったかちゃんと伝えるのも、帰りにプリンを買ってきてくれたらお風呂あがりに一緒に半分こして食べるのも、一人でボディーソープ選んで買い物してきてくれたら一緒に嗅いでみて「いい匂い!」って笑うのも、玄関まで行って重い荷物を預かって「おつかれさま」を言うのも、おやすみと一緒に 毎日ちゃんと「今日もありがとう」を言うのも、

他人だから、絶対に絶対に必要なんだ

ロマンチックじゃなくなっちゃうかもしれないけど、全部礼儀で、大好きな人と暮らしてるから、一緒に暮らしてるその人のことが大事だから、そこにあるべき、表すべき敬意なんだ

 

 

他人というか、別の人間、かなぁ?

家族でもおんなじ

家族 = 一緒に暮らしてる人、とは限らないって思う。実際私も秋田で、大学の寮で一人暮らしして、家族とは離れて暮らしてたわけだし。

だからつまり、その逆も同じで、たまたま一緒に暮らしてるだけなんだから、家族にだって敬意はぜっったいに必要なんだよ

 

一度家を出たからこそ、自分の部屋が違う場所にあるからこそ、気付けたんだよね。今のこの環境が、「住まわせてもらってる」って気持ちを生むから、こんな風に考えられたんだよね

 

 

たぶん、数年前の私も、おんなじだ、何も変わらない

だから、私はたまたま気付けたから、だからどうにか、どうにか、って思いすぎて苦しくなってた

 

でも、「周りを変えられない自分」よりも、「自分自身の大事な価値観すら守れない自分」の方が辛いと思うから

だから、責任感で押し潰されるよりも、自分の価値観をもう少し大事にして、他人に押し付けるんじゃなくて、自分の価値は自分で大事にして、それで、自分のことは自分で認めてあげられるようにならないと。

 

 

 

f:id:mamikan_19:20200511011537j:image

 

 

 

今日は長く書きすぎた。

3日も4日も思い詰めながら、書きました。笑

次はもう少ししょうもないこと書こ

 

 

 

おやすみ