日々いろんなことを考え込みすぎてしまう私の、誰かに話したいけど話せない、言葉の保管場所

おせっかい

やっほ~もう1月も終わるけど、新年あけましたね。今さらにもほどがあると思うので挨拶は控えます。笑

 

たぶん人生で初めてひとりぼっちで年末年始を過ごしたけど、年末のあの感じっていいよね

何もかも「今年最後だ!」って思えばもうひと踏ん張りできそうな勢いをくれるし、上手くできなかったことがあっても「まぁ来年から心機一転頑張ればいっか!」と思わせてくれるすごい浄化作用がある。

 

 

 

今日は懐かしい話がちょこちょこ出てきそうなので、懐かしい写真をたくさん添えておきます。

f:id:mamikan_19:20210121005743j:image

なぜだか2018年の春休みの写真が多いのはやっぱり、大切な思い出がたくさんできた時間だったからなのかな

浪人した結果秋田に行くことになって故郷を離れるまでの短い間、毎日、本当に毎日誰かしらと遊んだ。1ヵ月のうちにあんなにも動き回ること、今後もきっとないだろうな。笑

 

 

f:id:mamikan_19:20210121005737j:image

 

 

あの時も、今も、私の周りの人たちはいつも私に何かをしてくれてた。

世話を焼いてくれたり、心配して連絡をくれたり、私が欲しがってたお菓子を覚えてプレゼントしてくれたり、今度一緒にここに行こうと約束してくれたり、

私の周りには、私が何をしてても変わらずに愛とか気遣いを与えてくれる人がたくさんいた。

 

情けないけど、最近やっと気づいたんだよ。相手より先に自分から何かを与えることのすごさ、難しさ。

今の私はきっと、遠くから相手を観察して、時には声をかけないことを選ぶこともある、そういう部類の優しさしか持ってない、たぶん。よく考えたら、中高生時代に仲良しだった子との関係も、だいたいは相手からの連絡がないと会うことにもならないし。相手がどんなレスポンスをくれるかな~っていろんなパターンを想像して、そのまま時間が経って終わってることも多々あるし。

 

 

私が去年鬱で苦しんでたとき定期的に連絡をくれてた親友は特に、自分から愛を与えられる天才だと思う。鬱のときって脳みそも心も苦しさでいっぱいだから誰かからの優しさも受け取るので精一杯だし、誰に対しても「心配してくれてありがとう」もろくに言えてなかったような気がする。そういう、相手からしたら「与えてもお返しは期待できない」状況でも、ずっとずっと「大丈夫だよ」って伝え続けてくれた。ちゃんとありがとうを言えてなかったかもしれないけど、心の全部が苦しさに支配されちゃって目を向けられてなかったけど、本当の本当は、毎日救われてたと思うよ。ありがとう。もう、本当に、心の底からすごい人。

 

 

 

私は私の大切な人たちに対して、同じようにできるかな。

例えば愛知で働いてる友達が、仕事のことで悩んで苦しんでるって知ったら、その子とのその瞬間の関係が薄まりつつあったとしても「私で良ければ絶対に力になるから、愛知まで飛んでくこともできるから、ギリギリになる前に連絡してね」って連絡できるかな。ちゃんと一方的になれるかな。おせっかいになれるかな。

 

 


f:id:mamikan_19:20210121005729j:image

 

年末に書いたブログで「正解と間違いを自信を持って誰かに教えられる人になりたい」「そうやって、私は私の大切な人を守りたい」って書いたけど、その「正解と間違いを教える」行動の一段階前に必要なことはこれだったんだ。「自分から与えられる人」になること。

 

 

 

 

 

「先に与える」どころか受け取ってもらえてるかどうか確認する術もないけど、それでも今改めて愛を伝えたいのはやっぱり、、

 

f:id:mamikan_19:20210121005725j:image

 

1月の私の誕生日の前日、私にとっても大切な、弟の親友の命日。去年の1月にもブログに書きました。

亡くなって1年経った。

私のことなんてただの友達のねぇちゃんとしか覚えてないかもしれないけど、もう会えない人だってことがわからなくなるくらい、この1年間私は事あるごとに思い出してしまったよ

 

鬱になって、心が何度も生死の境を彷徨った。死んじゃおっかな、生きようかな、諦めよっかな、ちょっとだけ頑張ろうかな。私は心の病気だったけど、そっちは身体の病気で、もう、どんだけ苦しかったんだろう

弟と一緒にお見舞いに行ったとき、いつもちゃんとありがとうって伝えてくれた。ほんとに、それがどれだけすごいことか。自分の内側に居座り続けてる痛みに支配されずに、支配されつつあったとしてもどうにか振り解こうとして、あったかい感情も見せてくれてありがとう。

 

もう会えないけど、いろんなタイミングでいろんな人があなたのことを思い浮かべてるよ。最近弟が描いたのは、あなたとサッカーしてる場面の、愛に溢れた絵だった。こうやって愛は連鎖するんだなと思ったよ。

きっと大丈夫だよ

 

 

またいつか会いたいね。

 

 


f:id:mamikan_19:20210121005722j:image

 

今年もちゃんと、自分のことは自分で大切にできる人であれますように。

まだ今の私は「先に与える」ことをできる人間ではないけど、たぶん、与えてもらったものを卑下せずにちゃんと受け取って同じように返すことはできる。

だから今年もちゃんと、私のことを大切にしてくれる人に対して私も同じように大切にできますように。

 

 


f:id:mamikan_19:20210121005740j:image

去年はこのブログが心の奥底にひたひたに染み付いてたから、重い内容もたくさんだったのに、読んでくれてありがとう

今年もよろしくね