日々いろんなことを考え込みすぎてしまう私の、誰かに話したいけど話せない、言葉の保管場所

何者でもなくない

久しぶりー!今日は夕方まで予定がなく、久しぶりにアラームをセットせずに寝られてとっても幸せです。元気です!!

 

初めて書きますが、最近は信頼する友人2人と起業しようとしていて、ミーティングだらけの毎日です。「最近」といっても昨年末からわりと密に時間を割いて頑張っていて、すでに私の一部になりつつある。

あ、「どんなことで起業するの?」はまだ聞かないでね(笑)私たちの核がきちんと決まってから、団体として発信したいので。

 

f:id:mamikan_19:20210327125208j:image

 

 

そして最近ね、ジェンダーに関すること、ここ(ブログ)に書いて思いを言葉にしてアウトプットしててよかったなぁ、と思う出来事があったよ。

 

いつもミーティングや自習のために使ってる場所がたまたま男女共同参画関連の施設だったんだけど、施設内の自習スペースを個人的に利用する分には特別何かジェンダー関連の繋がりができるわけでもなく、

月に何回か行ってはミーティングのために場所だけを使い、職員さんと会釈を交わし、たまに貸し出し可能な本を借り、、というだけの、そういう場所があって。

けど先月、2月18日(嬉しすぎて日付を覚えている)、何を思ったか私はいきなり職員さんに「素敵な空間ですよね〜」と声をかけてしまったんだよね、ドキドキモジモジしながら。笑

そこからはもう頭が口に追いついてないような状態で、どんな反応をされるかよく考えもせずポンポンポンポンと会話が続いて、、「どうすればここで働けますか」とか聞いてしまってた。

 

実際本当に居心地の良い空間だった。同意のない性行為は性犯罪だと伝えるポスターも、女性議員数が少なすぎると訴えるチラシも、施設内に存在してる言葉のほとんどがしっかりきちんと正しくて。女の人が家事をしてる写真の広告を見て心をすり減らすような、意識の低い環境に身を置いてる時とは違って、無駄に傷付けられる必要のない、安全で安心で居心地のいい場所だった。

 

勢いで漏れてしまった私の本音を聞いた職員さんは、意外にもとっっても喜んでくれた。意外にも。本当に驚きだった、あんなに喜んで歓迎してくれるなんて。

 


f:id:mamikan_19:20210327125211j:image

 

 

そこから本当に文字通り「トントン拍子」でいろんな人に繋げてくださって、いろんなイベントを紹介してくださって、、今週は初めてジェンダー関連の集まりに参加させてもらった。

すごい、、、こんなことがあるんだ。私なんかが、独学でちょっと勉強しただけの私なんかが、ジェンダー学を専門的に学んだり仕事にして生きていたりする人たちと同じ空間で何かを話すなんて、、どうしよう、どうしよう。焦ったし、怖かった。

 

 

自分がまだ何者でもないってことが、年末あたりから少しずつコンプレックスになってた。自分と同い年くらいの女の子が芥川賞を受賞したのを知って、同い年の乃木坂の子がドラマに出演してるのを見て、なんの肩書きもない自分が、辛かった。そういう「何者かになれている」人たちは、まだ何者でもない状態のうちにどこかのタイミングで何かを捨てる選択をして今の道に決めたんだろうなと思った。私も、大学を辞めて画家になる決心をしたり、性教育家になる決心をしたり、ジェンダー関連の団体を立ち上げたり、した方がいいのかなと思った。

 

けどそうじゃなかったんだ。

私がジェンダーについてどんなものに触れてきてどんな考えを持ってるか、それを表したものを私はちゃんと持ってる。何かの賞を獲ったわけでもSNSでバズったわけでもないけれど、私が自信を持って「私の中身です」って見せられる、私が何者なのかを表すものはちゃんと持ってたんだ。

何者でもなくなんてなかったんだ。

新聞に載るような功績を残してなくても、テレビで取り上げられるほどの注目を集めてなくても、私が私の脳内を削って形にしたものがあれば、それを初対面の人に「私はこういうものです」と見せられれば、私が誰なのか伝えることは十分可能なんだ。

すぐに結果が出るもの・何に繋がるか明確なものではなくても、チャンスのようなものの間近に偶然居合わせることができた時に、「こういう者です、よろしくお願いします」と差し出せるものになるはずだから、大事な時間を使って力を注いで頑張っていいんだ。

 

結局、その集まりの中で私のブログを紹介する機会はさすがになかったけど、若い参加者は珍しいからといって最後に全体に向けて感想を言う時間をもらった。まだまだだけど、きっと今の私に表現できる精一杯の思いを伝えられた、伝わったと、思う。

 

 

f:id:mamikan_19:20210327142344j:image

 

 

起業の方も、なかなか思うようなスピードでは進んでないし実際に「事業を起こす」ことができてしかも功績が残るのなんていつになるかわからない、、けど、今私たちが週に何回も会ってミーティングして頭をフル回転させて脳内を言語化し続けてる時間は絶対に無駄じゃないんだ。いや、「無駄じゃない」なんて消極的な書き方じゃなく、私たちそれぞれの一部になってる、新しい部分を形作り続けてる、の方が合ってるね。

 

 

 

 

 

 

もうすぐ大学4年生。卒業はまだもう少し先だけど、将来に漠然と不安を感じて身動きが取りづらくなるのはほどほどにして、今頑張ってるたくさんのやりたいことたちが少しずつ私を形作ってると信じて、行き当たりばったりでがんばろう^_^


f:id:mamikan_19:20210327142348j:image

 

今年の春もたくさんいいことがありますように