言葉を書くのが好きだから、始めてみました

青い古着のワンピース

むかーしむかし、「変人」という言葉がそれはそれは似合う男の子がいました。

 

彼の「変人さ」は魅力でもあり、チョークのギィッって音のような「しっくりこない感」の原因でもありました。

 

 

私が初めてその魅力に気づいた時、「たぶん好きになるな」「たぶん付き合うことになるなぁ」そんな感覚がありました。

今となっては、「好き」というより、「自分のものにしないと納得いかない」に近かったってわかるけど。

 

 

もう、2年か3年か、それくらいの時間が経って、SNSも繋がってるのか?繋がってないのか?よくわからないし、たぶん大学生だとは思うんだけど、まぁやめてるかもしれないもんね

 

ハートマークとか、多すぎる絵文字とか、そういうものを久しぶりに見て、

あー、私の絵文字アレルギーは、ここが発祥だった。あー、それでも、これはたぶん、私が自分を少し信じられるようになったきっかけだったのかもなー。

そんな風に思えるようになった(^^)

 

 

ずっと、「ある程度好きなら、ある程度のめり込めて、ある程度長持ちさせられる」って、そう思ってて、自分のこと、そんなにこだわりもない人間だと思ってて、

何年も好きだった人がまだ心に残ってても、目の前で好きだって言ってくれる別の人と幸せに暮らしていけるって思ってて、

 

でもそれが、変人さんとの恋で、初めて自分で、サッて気持ちがなくなるのがわかって、初めて自分から、ごめんねを言えて、

 

それから少しして、あっちも自分のこと、そんなに好きじゃなかったって気づいて、

 

でもまぁ「若気の至り」っていうのか、その思い出は、思い出したら心臓引っ掻かれてるみたいで耳を塞ぎたくなるような居心地の悪いものなんだけど、でも確実に、私が変わったポイントで、

今となっては、ふふって眉毛が下がっちゃう思い出なんだね。

 

 

 

f:id:mamikan_19:20190814180017j:image

 

どうでもいい話

どうってことのない昔話

 

こういうお話を書きながら「ありがちな恋愛」を聴くと、つくづく、乃木坂いいなぁと思い知ります☺️(結局)

 

 

 

 

ディズニーランドの裏側

教師になるということ

 

今ね、中1の女の子の、家庭教師をしていて。元々そんなに教育の分野に興味があったわけではなくて、でもまぁ、よく考えてみれば、弟や妹、近所の小さい子たちとじゃれあったり、勉強を教えるのは昔から好きだったなぁ、なんて思ったり。

「学ぶ」って面でも教育よりも、「教える」っていう面の教育には、元から興味があったのかもしれない。

 

うーん、ほんとに興味、なのか?

なんかこれは、多くの人が持ってる感情な気もする。「教育」なんて大それたものじゃなくても、自分の経験について聞かれて、話したり、自分の人生の教訓を人に伝えたりするのは、結構多くの人にとって、気持ちいいことなんじゃないかな。実際プライドをくすぐられてるんだよねーきっと。笑

 

だからなんか、子どもたちの「親の次に身近な大人」として、大事なものは、教師になるために、上手く勉強を教えるために、それだけに集中した大学でそれだけのために4年間使うことじゃないような気がする。

片手間で、人生の余暇として、ぐらいの重さで教師やってる人の方が、私には、いい影響をくれたなぁ。

 

どんなに上手くわかりやすくひっ算を教えてあげられるかじゃなくて、この計算がどんな風に人生の役に立つのか、

難しい漢字の読み方よりも、この本からどんなことを感じとれるか、そしてそれが人生にどんなに大切か、

そういうことを教えられる先生は、素敵だなぁ。

 

 

私の人生設計の中に、「教師」って選択肢は今のところないけど、

やりたいことの大体をやり終えて、顔にしわが増えてくる頃になったら、自分の人生のことを、本にしたりどこか広い場所で誰かに聞いてもらったり、したいなぁ~とはひそかにずーっと思ってる。

教育なんていうものにはならないのかもしれないけど、そういう風なことが、他より大切にされて、自分でも大切にできるような、そういう学びをつくれたら素敵だなぁ。

 

 

いつかこうやって書き残した欠片が、いつか何かのきっかけで、いろんなものと繋ぎ合わさって、また大きな夢ができるんだろうなぁ。

 

 

今日もいい1日だった(^^)

 

 

(これ4月に書き残してたやつ、、)

 

f:id:mamikan_19:20190810161858j:image

 

 

 

 

 

花粉症の目薬のおはなし

 

アヴリルを聴くと、ほんのり思い出すドキドキ

ミスチルを聴くと、今でも胸がゾワってなるし

結局そんなにハマらなかったけど Jetを聴くと、思い出せることが何もないのに恥ずかしくて忘れたくて仕方ないような気持ちになる

 

 

そしてたぶん、数年後思い出すのは、乃木坂なんだろうな

避けて通るんじゃなくて、一緒に二人で懐かしく聴けたらいいなぁ

 

f:id:mamikan_19:20190428002052j:image

 

 

歌とか曲とかだけじゃなくて、カツカレーとか、お尻にニコちゃんマークのジーパンとか、紫ジャージとか、レトルトの牛丼とか、

いろんなものが、たぶん、いろんな季節ごとに、やってくるんだね

 

べつにもう悲しいとか、恋しいとか、そういう感情じゃなくて

今のわたしが、それぞれのその時のわたしを見て、ふふっクスクスって笑ってるみたいで、不思議だけど、嬉しいなぁ、

こんな風に思えるなんて、こんな感情にたどり着けるなんて、思ってなかったなぁ

 

 

ほんとうに素敵な人に出会えたんだなぁ

いつもありがとう

 

f:id:mamikan_19:20190428001931j:image

 

 

 

夢には出てこない、現実側のこと

 

どうしようもない

 

どうしようもないことなんてないのに、どうしようもない

 

f:id:mamikan_19:20190322012754j:image

 

 

生まれた時から、一緒だから

たぶん、思い出とか知ってることの量じゃなくて、人格形成の過程においては、他の人よりもたぶん理解してるから

 

わかる

 

あの子が今ああなってる大きな理由。

 

「人当たりがいい」、「よくいる良い人」になれないで、とげとげして、すぐ敵をつくって、雰囲気を悪くしてしまうワケ。

 

 

私に何ができるかなぁ。

頭ごなしに怒るんじゃなくて、何ができるかなぁ。

誰かに気づかせてもらうものではないのかもしれないしね

 

 

 

 

私のお母さんは、幸せなんだろうか

私をこんな、二十歳にまでも育ててくれた母親は、本当に幸せなんだろうか

 

全部を知ってるわけじゃない、それは本当に。

もしかしたら、結婚する時に、そう約束したのかもしれない。

「君が疲れて帰ってきたあとに汚れたお皿を全部洗ってくれても、お礼は言わないよ」「ハンバーグをお箸で割ってみて中が赤かったら、舌打ちするよ」「俺の話を理解できなかったら、それ以上説明はしないよ」「思いやりは、ないよ」

二人の間に、私の知らない「契約」があるのかもしれない。結婚って、契約の一種だし。

 

それに、全部に味方なわけじゃない。

改善しなきゃいけないところがあるのは、見えるから。人格として、「そこを直してくれなきゃ身内は傷つくばかりだよ~」って思うところがあるから。正直、それで何度も、泣いたから。

 

でも、私は決して、誰かを責められる立場ではない。

私は何回、山積みの食器を、黙って片付けられただろう。「今から買ってきてくれない~?」って頼まれた洗剤や卵を、すぐにスーパーに買いに走れたことは、何回あったかな。

一度でも、父親に、「お前何様じゃ」と言えたことがあっただろうか

 

 

何年も前から、こうやって、少し嫌な日常を感じると、こんなことを考えて、こんなような結論に落ち着いて。

次の日の朝は、なぜかみんなが思いやりを持ってるように見えたりもして。でもそれは、たまたまで、数日後に、変わらない冷たさに気づいて、落胆して、また慣れて。

 

 

実家を出て1年。

少しは、前と違うものが見えてる。わかる。きっと、数年前の私は、私の妹とおんなじように、口をとんがらせて、目を細めて、ため息をついてたのかも、しれないよね。

 

 

私になにができるかなぁ。

親って難しいなぁ。私の今持つ人格のすべてで、未熟な人格のすべてで、他の未熟な人格と、どう関わればいいいのかなぁ

 

 

変えたい

 

でも、変わりようもない

変われないはずなんてないのに

 

 

 

 

厚塗りのファンデみたいなネイル

最近の私の傾向について

 

「なんでもかんでもプロジェクトにしようとする、、」

 

なんか、仕事のことばっかり考えて家のこと気にもしない夫みたいだな、、(そんなことない)

 

 

でも正直、今の私だいすき!

ふー!この感じが大好き!久々に、この感情になれた(^^)ワクワクで溢れて、胸がいっぱいで、自信でいっぱいで、ずうっとニヤニヤしてられる、、

 

f:id:mamikan_19:20190312013630j:image

 

 

なぜなら、大好きで世界一大切な本を読み返してるから

上原愛加さんの本。本当に、愛で溢れさせてくれる、素晴らしい本。この本との出会いは、私が浪人成功した理由のひとつ。

 

その大事な大事な本については、今じっくり書き書き中~

 

 

まぁすべての原点はそこな気がするんだけど、やりたいことが胸にぎゅんぎゅんにつまっている。いつしっかり広報始めようかと考えてる最中だけど、こういうのは勢いが大事だよね

 

なので発表、「この約1年、集中的にやりたいこと」~!!!

 

①モノづくり体験イベントを開く!

②安部政権を終わらせる!

AIU LINEスタンププロジェクト

AIU団体間スキル交換会

 

細かい説明はしません、見てくれてる人がいるのはものすごく嬉しいけど、ここはあくまで「ワクワクの"貯蔵庫"」だから。わたし自身の、言葉での整理の場。

 

もうすでに少し動き始めてるのは、LINEスタンププロジェクト。④は1番不透明、私の頭の中でわりとまだぼんやーり考えてる程度のことかも。

 

この夢たちを叶えるためのスケジュール作りとか、ある程度の目標設定は、この春休みで。

そして4月から、必要なものでは仲間集めなどなど、本格的にスタート!

 

 

あぁ~たのしい、、

今すっごく人生楽しいなぁ、大満足

当たり前に「楽しくないとき」もあったわけだけど、その時も含めて、私の周りで一緒になって生きてくれてる人たちが、本当に愛しいです

 

いつもありがとう

 

f:id:mamikan_19:20190312013814j:image

 

 

せっかく地元に帰省してるんで、いっぱい友達会えたらいいな~ふふ

 

 

さぁまぁ、「ワクワクで寝れない!」とは言っても、さすがにそろそろ寝よう

おやすみ

明日もいいことだらけだなぁ!ありがとう!

 

 

 

f:id:mamikan_19:20190312013834j:image

↑今日見つけた可愛すぎて可愛すぎて可愛すぎるズボン(しかしメンズのXL、、)

 

 

Akita

こないだの日曜、また夢が増えた!

いろんなことのシフトチェンジができた!

 

 

久々に高校生に会いました。10月から連絡とってた高校生が、12月に開催したイベントの第2弾。面白かった、、イベントとしての改善点は山ほどあるけど。

 

f:id:mamikan_19:20190228010128j:image

 

 

 

自分が1年やってきた活動の意味が、今までより少し鮮明に見えた気がする。

秋田の可能性みたいなものを、もっともっと身近に、ハッキリ、捉えられた気がする。

 

人と人の距離の近さ。そこらじゅうにある、フリースペース。人との繋がりやすさ。すべて、イベント運営のしやすさ!

中学校までの学力の高さも確実ではないらしいけど、高校生になってからの教育は、そっちに傾いてもいいんじゃないかな?

 

課題解決型学習、って言葉の意味が、私はまだ十分理解できてないんだろうなぁ

それよりも、「自分で何かを起こしてみる、周りを巻き込んで」っていうのが私の頭の中にはフィット。笑

 

f:id:mamikan_19:20190228010223j:image

 

なんか抽象的だね~

そういえば、素晴らしい出会いもしました

 

春セメの、私のロールモデルになりそうな素敵な先輩に出会った、、!理想!

 

今までたくさん、「仕事のできるひと」「頭のきれる人」「教養のある人」、まぁ、こっちが自信を無くすほどすごい人、何回か出会ってきた。

けど、私がめっっちゃ大事だと思ってるものを兼ね備えてる人は、なかなかいなくて。

 

 

魅力。何かの技術とか頭の良さとかじゃなくて、その人自身の、人格。人格からにじみ出る、魅力。

 

その、今は上手く言葉で表せないけど確実に私の中でハッキリ見え始めてる「魅力」っていう何か

確実にはまってるわけでは決してないけど、「あーーー!すげーー!」ってなる瞬間がたくさんあった。

 

 

ニコニコするとか、アイヅチをうつとか、目を見て話を聞くとか、そういう外面的なところは、小さい頃から気にするタイプだった

だからこそ、そういう外ヅラスキルじゃなくて、その人が生きてきた人生が、その人の言葉ひとつひとつに滲み出てて、あぁこの人はたぶんいろんなことを学んできた人だなぁ、人の惹きつけ方を知ってる人だなぁ、自分の魅せ方をわかってる人だなぁ、って感じるような、そういう人が憧れで、目標!

 

 

ロールモデルを見つけたら、とにかく徹底してマネをすること。」

数日前にたまたま見つけた言葉。

そのタイミングでの、あの先輩との出会い!

 

よっしゃー!

がんばってお近づきになれたらいいなぁ、、

 

 

 

素敵な人と出会えた日は、本当によく眠れました、ふふふ

さぁ、せっかくできた夢、たくさんのやりたいこと、取り掛かるぞーーーー!!

 

 

f:id:mamikan_19:20190228010336j:image


f:id:mamikan_19:20190228010332j:image

 

なぁちゃんの卒業ライブ、最高だったな☺️

 

 

 

373

どこかの何かで聞いたか見たか読んだかしたけど

 

「夢は、思いもよらぬ形で叶うもの」

 

久しぶりに思い出したー。

 

 

考えてみると、ほんとその通りで

凡ミスで浪人をして、中学の時からずっと入りたかった大学から志望校を変えて勉強してたけど、私のいろんな選択が、結局は私をここに連れて来てくれた。夢を叶えてくれた。

去年の秋の目標「魅力的な話、話し方ができるようになる」。これも、新年一発目に人前で話す機会をもらったとき。まったく意識してなかったときのしゃべりが、尊敬する2人の人に、褒めてもらえて。こんな自己評価でしかない目標、何度か人前で話すうちに「私少しは話すの上手くなったな~」って、自分で感じてそれで十分だし、それが待ってればいいと思ってたのに。あの時は感動したなぁ。

 

 

f:id:mamikan_19:20190208173219j:image

 

 

大学での勉強なんてたいしたことはなくて、自分の大事な夢を叶えるために直結することなんてほぼゼロに近い人の方が多いし、いくら実践的なことを学んでも、関連する仕事に就く人ばかりじゃないのは明白で。

 

まぁ、きつい

今の状況、ここでの生活は、なかなかシビアだし、勉強、たぶんかなりハードで、たぶんかなり意味のあることをやってる。

勉強してる過程には、意味がる。それはハッキリわかる。ただ、ここまで必死になって英語を習得した先に何があるかって、今はなにも見えない。し、きっとそれでいい

将来英語圏で働かなくたって、英語を使わない職業に就いたって、全然いい。

 

あくまで私の価値観で、私の中での、プライオリティだけど、学校の勉強が最優先になっちゃいけないなぁ。私の場合は、そうじゃないなぁ。

 

「大学生」っていう、恵まれた猶予期間に、今、私はなにができるかな

秋田に来てまで与えてもらってるものは、何かな。今私の手の届く範囲にあるチャンス、全部を手にしようなんて思わずに、たくさんあったとしても無駄にすることを恐れずに、今一番大事なものを取捨選択して、意味のあるものにできてるかな。

今は手の届かないところでも、そこにたどり着くためのビジョンは、わたしの中にちゃんとあるかな。

 

f:id:mamikan_19:20190208173350j:image

 

 

がんばろう。そんな簡単な言葉で片付けちゃいがちだけど、煮詰まらず、追い込まず、がんばろう。

 

周りの大事な人たちの力も借りて(^^)

 

 

f:id:mamikan_19:20190208173431j:image