日々いろんなことを考え込みすぎてしまう私の、誰かに話したいけど話せない、言葉の保管場所

個展にご来場の皆さまへ

さて、本日8月15日よりいよいよ「アートで見る性差別社会~大切な二人へ~」展が始まりました!


f:id:mamikan_19:20210815233046j:image

ご入場の際にお渡ししたパンフレット裏面を見て初めてこのブログを開いてくださる方のために、本記事では「私の脳内をさらに覗いてもらえるのでは?」と思うオススメ記事2つを簡単にまとめました。

夜寝る前になんとなく寂しく感じた時や毎日疲れてなんとなく苦しい時、まぁいっかと思ってもらえれば嬉しいです。私が考え込みすぎてて笑えるかもしれません。ぜひ読んでみてくださいね(^^)

 

 1つめ

今回の個展を考えるうえでずっと私の頭の中心にあった、大事な記事です。

きょうだいって、不思議な存在でした。たいして深い話をしたりしたわけじゃないのに、なんとなくわかる気がするし、なんとなく大事で。

展示を観て、「なんで作者はジェンダーについて伝える相手として弟・妹を選んだんだろう」と疑問に思った方、深いところまでわかってもらえるのではと思います。ぜひ。

 

 

2つめ 

これは勢いで書いた何気ない記事ですが、わりと私の本性が表れているように思います。「私は応援されることが大好きなんじゃ、、」と正直に語っているので。笑

個展の準備期間中、本当にたくさんの人から「すごいね!がんばれ!」という言葉をいただきました。やりたいことに時間を使えてるのもやりたいことで応援してもらえてるのも嬉しくて、毎日ほんとうに楽しくて、終わってほしくなかった。

私のことを「この人を応援したい」と思ってもらうこと、今回の個展の大きな目標の一つです!入場料無料だけど「応援金」という形でお金をお支払いしていただくことができるようにした理由も、より深く理解していただけるのではと思います。ぜひ。

 

 

 

 

 

最後に、時間を作って会場に足を運んでくださったこと、本当にありがとうございました。展示を観て、何か感じることはあったでしょうか?4日間無事に終えることができたらその時また、ご来場の皆さま・応援してくださっていた方々へ向けてブログを更新したいと思います。

それまで、過去の記事を読んだり読まなかったり、展示の感想を誰かに伝えてみたり自分の心にしまっておいたりして、気長にお待ちください。

 

短い記事でしたが、今日はこの辺で。では、また。